日本漫遊鉄道

鉄道模型とミニカーの話題を中心に、日々いろいろと感じたことをストレートに書き綴った40男のブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和ノスタルジアその2 キャンディオルゴール

2011/08/28 12:37 ジャンル: Category:昭和ノスタルジア
TB(0) | CM(4) Edit



結婚して出て行った妹の丸投げ品シリーズ第2弾は、

ポピー キャンディオルゴール

・・・しっかしまあ、こんなものよく残ってたなあ・・・

キャンディキャンディは、昭和50年4月に講談社の「なかよし」で連載が開始され、
翌年にはテレビアニメ化もされた、当時爆発的にヒットした少女マンガです。
まあ、現在30代後半~40代で、このアニメを知らない人はいないでしょう。

「おしん」もそうだけど、日本人ってほんとにこうゆう「試練」とか「根性」とか、
過酷な運命を背負った主人公の話が好きですよね。
当時は、キャンディがイライザとニールに、
これでもかってぐらいにイジメられていたイメージしかありません。

さて、モノを見ていきましょうか。

蓋にはキャンディと丘の上の王子様(アンソニー?)が描かれております。
調べたところ、どうやらデザインは2種類あったようです。

DSC06858.jpg

あー、この左側の小動物、何て名前でしたっけ?
エミリオ?・・・それは、「母をたずねて三千里」じゃん!
「母をたずねて~」も過酷なストーリーやったような・・・

DSC06864.jpg

本体側面右側のイラストには、ポピーのロゴとMADE IN JAPANの文字

ポピーって、ソフビや超合金・人形などのキャラクター商品のイメージが強いですよね。
今でこそバンダイ=キャラクターですが、その礎を築いたのは、
合併前からキャラクターモノを得意としていたポピーであることは、玩具業界でも有名な話です。
(私が玩具業界で働いていた頃も、ポピーに纏わる伝説や神話をいろいろと聞かされました。)

DSC06865.jpg

残念な事に、蓋と本体の接続部分が割れて破損していたのと、
蓋の上部の両角が欠けていました。
角が欠けていた部分は、ヤスリ掛けしてカドを取り、
接続部分の破損は赤色のプラ片を接着し、
蓋の開閉に支障が無いように補修しました。

DSC06863.jpg

本体側面左側のイラストの下部に記されているのは、
「水木杏子 いがらしゆみこ NET東映動画」

この二人が原作と作画を担当した「キャンディキャンディ」の生みの親ですが、
著作権を巡ってトラブルがあったらしく、
現在においても関連書籍や関連映像の再版や販売・放映ができない状態のようですね。

DSC06867.jpg

蓋を開ければ、オルゴールがキャンディキャンディのテーマを奏で、
丘の上の王子様とアンソニーの笑顔に会えます。
この角度を変えると絵が変わるステッカーみたいなやつ、何て言うんやろ?
すごく昭和の香りがプンプンするギミックです。

指輪やネックレスが、付属品として存在したようですが、
当然そんなモノは残っておりません。

まあでも、モノに固執しない妹がこれだけは残し、
また保存状態も比較的良好なのは、まさに奇跡です。
うちの娘ちゃんも飽きてきたようですので、
誰か欲しい人、いるかな?
スポンサーサイト

No title
ごぶさたです~!

わあ、キャンディのオルゴール!!!
妹さん、こんなステキなお宝に無頓着なんてもったいない~(笑)
30年以上前のものなのに、状態もかなりいいじゃないですか~e-278
オルゴールの中に描かれてるのはアンソニーだと思いマスが・・・確かに外側の絵は、アンソニーか丘の上の王子様かわからないですネi-203

>この角度を変えると絵が変わるステッカーみたいなやつ、何て言うんやろ?
>すごく昭和の香りがプンプンするギミックです。

言えてます~e-446 昔こういうシールありましたよね~よく。

妹さんと一緒にアニメを見られてたんですね~♪
オミさん、男性の方なのに、キャンディの細かいことまでよくご存知なのでビックリしました(笑)
「丘の上の王子様」「ニール」「イライザ」なんて、男性の口からはなかなか聞けないですよ~♪(笑)

[ 2011/09/06 22:11 ] [ 編集 ]
マナサビイさん、こんばんは
いつも、コメントありがとうございます。
それから、お返事が遅くなりましてすいません。

「丘の上の王子様」については、ウチの奥様から教えてもらいました。
私自身は、「丘の上の王子様」=アンソニーって記憶だったんですが、
実際はそうではなく、アンソニーのおじさんだったんですね・・・人の遠い記憶って、曖昧なモノですね。

それにしても、「おチビちゃん、笑った顔のほうがかわいいよ」っていう慰めのコトバも、
今の時代には、ちょっとこっぱずかしい響きですね。(笑)
[ 2011/09/18 17:15 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/06/04 17:31 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/04/20 01:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

オミ

Author:オミ
電車は嫌い…でも機関車は好き
鉄道模型と昭和の車をこよなく愛する
二児の父

現在時刻
Visitor
FC2カウンター
管理
ランキング

検索フォーム
フォトギャラリー
天気予報
Fueki blog
リニア・鉄道館
NISSAN HERITAGE COLLECTION
JavaScriptを有効にしてください。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。