FC2ブログ

日本漫遊鉄道

鉄道模型とミニカーの話題を中心に、日々いろいろと感じたことをストレートに書き綴った40男のブログ

185系 試案塗装の遊び方

2010/11/12 12:50 ジャンル: Category:鉄道模型 車両 その他
TB(0) | CM(0) Edit



基本、私は電車が嫌いです。
なので、電車系の模型は地元を走る列車か、
気に入った車両が安売りでもしていない限り、
購入するコトはありません。

マイクロエースの、しかも実在してない車両など、当然見向きもしません。

当初、この車両セットも私の中で、眼中に無いシロモノでした。
中身が見えるような状態で且つ半額の値札が付いた状態で陳列されていたのを初めて見た時、

「こんなキワモノ誰が買うんやろうか・・・つーか、誰も買わないから売れ残ってんだな。」

なんて思いました。
それからしばらくの間、ずっとこの商品は量販店の片隅で異彩を放ち続けておりました。
しかしある日、税込み4000円の値札に付け替えられて、少し疲れたように陳列されている姿を見た瞬間、
私は憐憫にも似た感情を抱きました。
いや、憐憫という上から目線な表現よりも、
むしろ、「同類相憐れむ」といった方が適切かもしれません。

「ああ、おまえも俺と一緒で世間から適切な評価をもらえなかったんだな・・・」

私は、すぐさま店員に購入の意思を伝え、当鉄道に搬入しました。
まさか自分が買うコトになるとは・・・運命だったんですね。
(っとかっこいいコト言ってますが、当然安かったのが一番の魅力でした。)


特急から普通までさまざまな運用をこなす185系ですが、
当鉄道での運用としては、普通列車として活躍させることに相成りました。

DSC06036.jpg

ワードでヘッドマークを作製し貼り付け。
都市圏と郊外を結び、平日の早朝と深夜にのみ運転される、
全席指定の中距離通勤輸送列車として仕立てました。

この車両セットの動力車は、グリーン車に組み込まれています。
重量はかなりあるので、模型としては牽引力抜群です。
最近の機関車系は、運転台がシースルなど、
本来の牽引能力を度外視したような作りになっているモノが多いですが、
やっぱり機関車系はこれぐらいの重量が必要だと思います。
特に私のようなフル編成派にとっては、最近の機関車は本末転倒状態ですね。

話を元に戻しましょう。
動力はモーターが床上に据え付けられている旧式のモノなので、
昔の動力車のように車両の向こう側が窓越しに見通せないタイプ。
その為か、窓がガッツリ黒く塗りつぶされているような状態です。

しかし、私はそれを逆手にとりました。
グリーン車の全ての窓を遮光し、
リクライニングを更に改良し、お客様に快適な安眠を提供する
仮眠ができるグリーン車という設定にしております。

DSC06040.jpg

DSC06043.jpg

サイドの緑色のデザインも、案外似合っており、
ご利用客からは勿論、沿線の住民の皆様からも好評をいただいております。
スポンサーサイト




コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

オミ

Author:オミ
電車は嫌い…でも機関車は好き
鉄道模型と昭和の車をこよなく愛する
二児の父

現在時刻
Visitor
FC2カウンター
管理
ランキング

検索フォーム
フォトギャラリー
天気予報
Fueki blog
リニア・鉄道館
NISSAN HERITAGE COLLECTION
JavaScriptを有効にしてください。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム